Arin Blog

総額1000万の借金をしたギャンブル依存症の夫と離婚し新たなスタート!シングルママで毎日奮闘中!

Arin Blog


影響されやすくたっていいじゃない

”死守せよ だが軽やかに手放せ”

米津玄師さんが過去に放った言葉をふと思い出していました。

インタビューか何かで見かけて、ふむふむと思ってた記憶があります。



元はイギリスの演出家ピーター・ブルックの言葉のようです。解釈も本当に人それぞれですが、結構今の自分に置き換えて考えちゃったりしてます。

ずっと「何とかしなきゃ」って思ってた家族(夫婦)の関係も実はボロボロの状態で繋がっていたんだろうなとか、お金も全て使い果たされ悔しくて苛立ちが募ったり、でも全てが憎いかと言うと「うーん...」となるしという何とも宙ぶらりん。


日に日に気力も戻りつつあるけど簡単にこれまでの慌ただしい数年間を”過去のこと”区切りをつけるのも勇気がいります。

”手放さなければ、手に入れることができないモノってあると思うんですよ。”


深くわかりみ。。。


男女の手バツ


人間は都合の良い生き物だと思っているので、響く言葉はどんどん自分に置き換えて物思いにふけっています( ¨̮ ) 影響されやすく時にブレたりする人間味溢れた自分も最近は割と好きです。そんなものでしょって(開き直りとも言います)

元夫を切り捨てるというような安直な解釈ではないですが、”今までのこと”は全て”経験”であり、失ったものもあれば得たものも確かにあります


だから、苦しくて許せない感情も、切なくてやるせない感情も、いつまでも持ち続けていたら前に進めないので、躍起になっていた頃の自分にもいつか「自分なりに頑張ったよね」と納得して次のステップにいかないと、新しい生活の中で心から「楽しみ」や「喜び」も得られないかもしれないって思えてきました。

また、共依存関係の視点から見ても、お互いの為にならないものにしがみついていてもそこからなかなか進むことはないけど、離れてみて初めて分かることや新たな変化もあるかもしれないなぁと。


いや全然軽やかじゃないんですけどね。。(スミマセン)


むしろとんでもなく重みがあるけど、そこは自分のペースで良いや!と◎

響く言葉は人それぞれで、その時の状況によっては「ふーん」で終わります。でもなんかしんどいなって時はたまにはそういうものに都合よく乗っかりながらでも自分を鼓舞すればちょっと気持ちが楽になったり違う考えが浮かんだりします( ¨̮ )

それで一日乗り越えられるだけでも万々歳です*