Arin Blog

総額1000万の借金をしたギャンブル依存症の夫と離婚し新たなスタート!シングルママで毎日奮闘中!

Arin Blog


ギャンブル、借金、離婚…心の癒し方を考える

夫のギャンブル・借金、そして離婚を経て味わった自分の初めての感情の数々。これを絶望と言わずに何と言うのか…。。 でも、今までどうやって辛い時を乗り越えてきたのか考えてみた。

絶望を味わうとは

改めて調べてみる。。。

  • 自分の無力を思い知らされる
  • 打ちひしがれる
  • 自信喪失する
  • 挫折を味わう
  • ふむふむ・・・。

    とても当てはまる

    ”心の回復法”とか”心が疲れたときの対処法”とかって結構あるんですけど、ホントの底にいるときってもはやそこにさえ辿り着けない時ないですか?(ありまーす)

    リフレッシュしなきゃって分かるんですけど、まずそんな気にもなれない所にいる←現在地

    最近めきめきと上昇していたのに、ふっと底が抜けるようにまたすってんころりんしていました。自分解析班によると抑え込んでいたものが放出した模様で...。でも、そこから2.3日経過した今また気分が変わったりしてます。

    心の回復って結局は時間が一番の薬なんですよね。

    「辛い」のピーク

    考えてみると、今が自分の人生で一番辛いときかもって過去に何度も思った気がします。

    でもこれって結構更新されてるんですよね。だからと言って、「じゃあもっと凄いのくるわけ?」ってわけでもなくて(いやそうかもしれないけど)、実際にはその瞬間その瞬間でとても悩んで苦しんでいたはずなんです。

    多分そのときは気持ちが瀕死に近かった状態でも、「今ここまでこれてる」って思ったらやっぱり時間の経過は大きいと思います。

    自身のことを振り返ると

    過去をちらりと思い出してみると、

  • ストレスで円形脱毛症(ダメージ100)
  • パニック障害になりました(ダメージ500)
  • 汗と涙を流しながらブラック会社で働いても夫の借金で全部消えました×数回(ダメージ1000)
  • (いや、やっぱり更新されてるのかな?)

    とは言え、その当時は「もうだめだ..絶対立ち直れない..無理無理ぃー!」ってなっていました。

    思い返せば、「あんなことで悩んでたんだ」って思うことってないですか?

    私はたくさんあります。

    その瞬間に思ってたこと

    小さなハゲが出来たときはまだギリギリ10代でした。「女なのに...」と酷く落ち込んで外にも出なくなり、人の目が凄く気になりました。


    パニック障害になった時は子供がいました。たくさんいろんな所へ連れていってあげたいのに車に乗るのが恐ろしくて自分の無力さに自己嫌悪と情けなさでいたたまれなくなりました。今まで当たり前に出来ていたことが出来ないのがこんなにも辛いのかと。


    夫の借金で独身時代からの貯金、出産後からもすぐ働きましたがそのお金も全て返済にサヨーナラー。何の為に頑張ってるのか分からなくなり疑心暗鬼に溢れた生活で眠れなくなりました。そして最終的に失踪離婚(HP0)

    ”この先何か良い事あるのかな” と。



    あると思います。無ければつくることもできます。


    振り返って気付くこと

    円形脱毛症

    髪はすぐに伸びたし、今となっては可愛い悩みだったなと思います。

    パニック障害

    怖くて無理だった映画館・美容院・そして車もクリアできるようになってきました。「生活圏は移動できるし生きていくのには困らないよなぁ・・・でも無理な時はパスパス!」ぐらいのスタンスです。

    借金・離婚

    そして今は子供が健やかに育っています。お金はなくなりましたが、頑張ればまた貯めることはできます。可哀想な思いもさせてしまったけど、それ以上にこれから楽しい思い出を作ることも出来ます。


    とは言えこれらは「今」言えることで、すべてその当時は消えたくなるほど辛いと思ってた事で、進行形でモヤモヤなこともあります。でも、思い返すと「あーあの時はしんどかったけど今思えば何とかなったなぁ」ってなるんですよね。

    それも全ては時間のおかげなんだろうなと。

    孤独な戦いである

    治療や薬などで身体への効果はあれど、心は簡単にいかないこともあります。いくら人に話を聞いてもらおうが、違うことに考えを巡らせてみようが、根本では人は孤独です。自分の奥底のキモチは他者には理解できませんし解決もできません。


    ボクシングで例えていうと、セコンドにどれだけ「立て!立つんだー!」と言われても戦ってるのは自分1人です。相手の拳を受けるのも自分です。そんな感じで(ざっくり) 声援がいらないという話ではなくて時間を要するってことです。(周りの支えにもとても感謝してます)一定のとこまでいけたら声も一層よく聞こえるようになり、自分でもそれに応えていける力が湧いてくるんだと思います。


    だから「自分でつくる」というのも近道ではあるけど、最終的には時が解決すると思って、その時は無理に焦らなくても何か変わるときが来ると思います。

    現在地の私

    最近こんな近道(ちょっとした楽しみ)してます( ¨̮ )

  • 夜こっそりデザート食べる
  • 漫画や映画を見る
  • 画像加工に没頭
  • などなど。根暗で結構!!( ノД`)


    最初は”何も出来ない”から、小さい楽しみへ、それがやがて時間が経てば、「友達と出掛ける」や「旅行へ行く」など少しずつリフレッシュしたり外の世界へ出ていけるようになると思います。(過去なりました)

    移動手段が絶望的で旅行なんか二度といけないと思っていたのに、片道3時間を達成できました。離婚時は食べれなくて一日フラフラしてたのに今じゃデザート食べてる...!


    時間をかけて癒しながら耐性もつきつつ成長してるってことなのかなぁと。体のケガでも時間が経てば治りますもんね。

    現状を打破できないって思ってる方、私も同じです( ¨̮ ) \ハーイ/

    でもたぶん1週間後・1か月後・1年後は違うかもしれないって思ったら、ちょっとだけ気が楽になります。というわけで今日もお疲れ様でした*