Arin Blog

総額1000万の借金をしたギャンブル依存症の夫と離婚し新たなスタート!シングルママで毎日奮闘中!

Arin Blog


離婚後【初めての面会】を終えて 子供の言葉に涙


離婚後初めての面会を終えたあとで思ったことを書いていきます。

今の心境は、「会わせて良かった」です。


いろんな想いはありましたが、終始息子は笑顔で嬉しそうで

それが一番かな、、、

元夫とも少しだけ話しました。

色んな気持ちはありますがとりあえずホッとしたというのが正直な感想です。

面会日までのこと


面会前の記事はこちら

www.arinmaru.com

毎日気持ちがいったりきたり~。。

心が安定していないからなのか、開き直りのような感じになったり、ものすごーく不安になったり、くっそぉーと(元夫に対して)凄くイライラしたり。

毎日気持ちがジェットコースター状態でした。

前日のわたし

体調はもう最悪でいろんな想いが頭をぐるぐる。

息子はとても楽しみにしていましたがそんな息子を横目に私は複雑...というのも、

・会っても、離れるときに悲しい思いをするんじゃないか
・毎日一緒にいられないことをまた不思議に思い、ショックを受けるかな
・(無いと思ってるけど...)「ママじゃなくてパパのとこ行く」って言われたらどうしよう
・会った後に、元夫がまた何か(借金)してしまい、会えないような状況になったら...

などなど、、とにかく色々考えこんでしまっていました。

もう体がふわっふわして起きてるのか意識ないのか


しかし、最後に関して言えばもう今考えても仕方ないなというところにしか行き着かず。

そして私自身も面と向かってしっかり話し合いもまともにせず離れたので(いなかったし)気まずい気持ちと全てを投げ出したことへの腹立たしさ、憎々しさもありました。

前日のこども

突如父親がいなくなり、周りは誰もその話に触れず、違和感を感じていたと思います。 私にだけはパパの話をしてきますが、他の家族(祖父母たち)には一切言いませんでした。


なんとなく感じ取ってるんだな...とずっと申し訳なく思ってましたが、会える前日に初めて私のいないところで祖母にこっそりと

「(会えるのって)1回だけかな?」

と人差し指を出しながら窺ったようです。

「そんなことないと思うよ」と祖母が答えるとにっこり笑ったと聞きました。


なんとなく気付いてたんだ。

今までみたいには一緒にいられないかもって一人で不安だったんだ。

母親にさえも聞けなかったんだと思うとまた胸が苦しくなりました。


寂しい子供


その後、私から「会いたかったら言ってね。大丈夫だから」と伝えると、ホッとしたように笑う息子を見て、より一層 元夫に必ず立ち直ってほしいという思いも芽生えました。

子供の様子は全て伝えるようにしていました。

当日を迎えて

当たり前ですが大喜びでした。

もうぴったり抱きついて離れず終始嬉しそう。

「あぁ、これだけ好かれてたんだなぁ」と複雑だけどとりあえず安堵しました。

一日、ゲームや外遊び、お出掛けなどして二人で過ごし、その間私は久しぶりに休息も取れ、頭もちょっとすっきりした感じ。


あとは沸々と沸く感情とどう折り合いをつけようか・・・なんて思ってましたが 幸せそうに帰ってきた息子を見たら、今はこの家族の形しかないんだな、と... ひとまず黒い感情には蓋をして、息子が喜んでることで良しとしよう、、、


それがいつか溢れるかもしれない、元夫が途中で挫折するかもしれない、でもそれはそうなるかもしれないし、そうならないかもしれない。

考えても考えても分からないなら考えなくていいんだ。

一体どれが子供のためなのか、それが一番答えの出ない部分でした。


落ち込む家族


元夫は通院を始め、とある幼少期のことが原因と思われる可能性を指摘され、少し自分の中で「なぜしてしまうのか」という部分が分かり始めたようでスッキリしたところがあったと言います。そして子供に会えない辛さと家族をバラバラにしてしまった罪悪感、悲しませたことなどを悔いてました(当たり前だけど) 一人で返済を必ず終わらせ依存症を治す、と

ここはもう過度な期待はいけないので、「そう」という感じで受け流しましたが、様子は見守ります。

パパが帰った後

当たり前ですが、少し寂しそうでした。

ぎゅーと抱きしめて「また会おうね」と言うと「うん」。

それから2、3日後

息子に言われた言葉で私の悩みが解けました。

2人でお風呂に入っているときに


「ママ、家族が足りないね。」

パパが足りない。家族は3人だから


・・・こんなこと言うの……(涙

「パパに、”ママに謝りな”って言ったから許してあげて」

今まで私が堪えきれず涙したりするのを見て、薄々気付いてたのかな

ママの為にパパに言ってくれたんだねと思うとまた切ないのと申し訳なさと。

「ありがとう、仲良くするから心配しないでね」と言うのが精いっぱいでした。


ついこの間まで保育園児だった子が、「家族が足りない」という言葉を発したことに驚き、そして内に秘めた思いをずっと抱えていたんだなと思うと涙が出ました。


でも、今の時点でどれが息子のためなのか

無理に引き離さない、子供の心のケアのためにも会う


ほんの少し前までずっと3人で過ごしてきたんだから当然で、どれだけ考えないようにしようにも、この家にはあまりにも思い出が多すぎて 大人の自分でも苦しくなる瞬間があります。

あとで思ったこと

家にほとんどいないような父親なら良かったのか

子供の相手をほとんどしないような父親だったら良かったのか

そんなことも思いましたが、

父親の愛情を7年間惜しみなく受けてきたから今のこの子があると思うと感謝しなければならない部分もあります。

嬉しい子供ハート


私は数年前にパニック障害で車に乗れなくなった時期があり

「(子供を)どこにも連れて行ってあげられない」と悲観していたときに、「心配しなくていい、自分がいるから大丈夫」と週末はどこへでも一人で連れていってくれました。


それがなければ息子の思い出はもっと少なかったかも

いろんな景色も見れなかったかも

そう考えたら全てが悪かったとも思えず、全部否定するのも違うなと思いました。


離れてお互いが気付けた部分、解放された部分をマイナス面へ向けずに自分たちなりの家族の形を築き上げていくしかないのかなと思います。


たくさん愛情を注いできた分、一層罪深いことをしたことも自覚してもらい、毎日会えない辛さを治療への糧にして欲しい。

これ以上子供を傷つけたくないと、それだけです。


感情がたくさん揺れ動くので、状況と共にまた変わるかもしれませんが、私の場合は「会わせて良かった」し、また会わせようという気持ちになりました。


正解なのか間違いなのかじゃなくて、決めたことに対して向き合っていきます。


今後も子供の気持ちに寄り添いながら時間をかけて模索してみます。


いろいろ考えをまとめようとしてるものの、読みづらかったらすみません。。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました( ¨̮ )