Arin Blog

総額1000万の借金をしたギャンブル依存症の夫と離婚し新たなスタート!シングルママで毎日奮闘中!

Arin Blog


【離婚後の葛藤】「絶対に会わせたくない」から面会を決めるまで

こんにちは( ¨̮ )

今回は面会を決めたときのことを書きます。


「絶対二度と会わせない!!」から、

「いや、やっぱり会わせよう」と気持ちが変化したことについてです。


面会について葛藤のある方は、1つのケースとして見て頂ければ幸いです。

親子が手をつなぐイメージ

我が家の場合の前提条件として

借金が原因で離婚
暴力、嫌がらせなどは無い
子供に対してはとてもよく面倒を見ていた
借金発覚直後に失踪したのである日突然パパに会えなくなった
子供が毎日会いたいと言っている
夫婦関係はやや(私が)ピリピリしているものの連絡は取っている

これらがあります。


離婚の経緯を書けていないので分かりづらいかもですが、直近の借金が分かったときに

「どこに」「どれだけ」借りてるか分からない

本人が帰ってこなくなる

そんな状態でした。

ただ借りているということしか分からず、本人不在で待つ者の身からすると恐怖しかありませんでした。万が一危ないところだと、子供含め家族にも危害が加わる可能性があるため、届け出をしました。


これは数年前にしていた約束であり、既に記入も済ませていました。「もしまたいなくなったらそうゆう危ない状況かもと判断して出すよ」と。(なので帰ってこなくなった時はまさに愕然...)


提出などが済んだあとに連絡がつき、危ないところでは無かったことは分かりましたが。貸付自粛制度を解除し、消費者金融に借りていたからでした。


関連記事はこちら

www.arinmaru.com

しかし時すでに遅し。約束は約束としてそのまま出て行ってもらった次第です。

ここまできてしまうと家庭内の話だけではなくなり双方家族の意見もありますからね。

パパが帰ってこなくなった


このことから、子供はある日突然パパが帰ってこなくなり、そのままいなくなってしまった状態でした。


数日間は涙をぽろぽろ流しながら窓の外をじーっと見つめ、パパの帰りを待つ日々。

これが本当に辛かったです。

抱きしめてあげても、かける言葉が出てこない。

目に焼き付いて離れないほど、今でも思い出すだけで涙が出るほど心が痛いです。


待つ子供 イメージ


もう理解できる子供を置いていったことが何より許せず、しかもこの姿を彼は見ていない(報告はしましたが)最初は「絶対会わせるものか」と思ってました。


他にも懸念することはありました。

仮に会わせたとして、また同じことをして連絡が取れなくなったら? そんな事態になったら子供がまた傷つく。家族会議でも意見がわかれ、決めかねていました。

変わらない気持ち


しかし子供から毎日言われるのは「パパに会いたい」。。。(涙)

お願い事も全て

「パパに会えるなら」
「パパが帰ってきますように」
「家族3人でいたい」
←(涙...)


私の心の中では
「あんたのお金さえも使ってるのよこの人は...!!ぐぬぬ...!」と叫びたい気持ちでしたが、この無垢で健気な子供の想いの前では言葉が出てきません。


そうだよね。大好きなパパだもんね。息子には「やさしくて」「おもしろくて」「たくさん遊んでくれる」大好きなたった一人のパパなんだ。。複雑ながら痛感しました。この子はずっと帰りを信じて待っている。


私は法律相談へ電話をし、主旨を話して相談してみました。

すると

・会うことは子供の権利でもあるので、会いたいと言っているなら会わせてあげた方が良い
・相手側からも要求されれば、応じなければいけない可能性が高い

しかし我が家のケースだと

「怖いところに借りるかも」という悪影響とも言える理由が1つあります。

これに対して相談員さんのお話はこうでした。

・籍をぬいて相手と住所も違えば、完全に無関係です。借金を負う義務もないし、仮にそういう人たちがきてもすぐ警察に言いましょう。
・ご主人には回復施設へ通ってもらい、その様子を見ながらお子さんと交流させてあげてはいかがでしょうか。本人の回復への鍵ともなるかもしれません。


電話を切った後、家族の意見も聞きつつ数日間たくさん悩み、考えました。

確かに本人からは初めて変化を感じるような面もありました。後悔してもしきれず、(ついに)病院への通院と、自助グループへの参加も決めたと連絡がありました。当然ながら会いたいとも言っています。

”子供から見る父”と”妻から見る夫”の違いを受け入れることにした


住所の手続きも終わり、色々考えた末に今の段階では私の感情は捨てることにしました。

何より子供のことを優先しなくては。

小さい体で私のことまで気遣ってくれるこの子に、これ以上我慢させちゃいけないとも思いました。


「パパに会えるよ」 

離れて1ヶ月を目前にそれを伝えたときはとても喜んでいました。

私の内心は複雑でしたが、子供の喜びには代えられません。喜ぶ顔を見て涙が出そうになりました。そのたった一言がなかなか言えなくて本当にごめんね。ずっと不安だったよね。

それを言えた日に、「好きなときに電話していいよ」と携帯を渡しました。さっそく電話し、嬉しそうに話す息子を見て少しホッとしました。(意外と2分くらいで切るけど。声聞くだけで良いのかな)

元夫への条件と今後


甘いという意見もあるかもしれませんが、私の選択はこうでした。

・ 自分一人の力で返済していくこと
・通院・自助グループ参加を続け、報告すること
・二度と子供を泣かせるようなことはしない

子供が嬉しくて笑ってる。元気になってる。

それだけで良かったと思えました。


先のことはもちろん分かりませんが今はこれで子供の心のバランスを少しでも保っていきたいと思っています。面会回数はまだ決めてません。子供の様子を見ながら決めていきます。

親として何よりかけがえのない子供の存在で、元夫は自立できること・私は心の回復をしながら前を向いていく事を目標に今後も歩んでいきたいと思っています。

今はこの選択をし、たとえそれがうまくいかないときがきても、そのときはまたたくさん考える。

さまざまな葛藤はありましたが、「会いたい」という子供には応える。


それが私の選択でした。


もしこれを今まさに悩んでる方がいれば、どの選択をしても考えぬいたうえでの選択なので間違いだと思わずにいてほしいです。 人それぞれの事情や葛藤があるのだからいろんな結論があって当然だと思います。


最後まで読んでくださりありがとうございました。