Arin Blog

総額1000万の借金をしたギャンブル依存症の夫と離婚し新たなスタート!シングルママで毎日奮闘中!

Arin Blog


【子の氏の変更】手続きで家庭裁判所へ行ったときのこと

家庭裁判所へ行ったときのはなし


離婚後の手続きで、子供の戸籍をうつす為に家庭裁判所まで行ったときの話になります。


私の場合、所要時間は到着してからおおよそ1時間程度でしたが、スムーズにいけばもっと早いと思います。(少々無駄な時間を過ごしてしまったので)


なかなか行く機会もない場所なので(というより初めて)、

どんな感じなんだろう...不安もあるし緊張もする...行きたくないなぁ、、

ただでさえ心身ともに疲弊してる時期なので憂鬱でした。


しかし、実際はあっけないほどすぐに終わったので、同じように行く機会がある方の参考になれば幸いです( ¨̮ )

経緯

私は姓(名字)を元夫と同じままにする選択をしました。 (ですので、「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)」を済ませた後の話になります。)

理由

子供が小学校にあがったばかりであり、友達から名字で呼ばれることも多かったからです。(あだ名的な)学校の荷物にもすべて名前を書いた後であり...私も「絶対嫌!」というよりは周りへの説明もその他諸々の変更手続きもしんどいし...というような心境でした。特に今も後悔はしていません。

子供の戸籍を自分の戸籍へ入れる

性をそのままにする場合も夫の戸籍は出なければなりません。

そして新しく自分だけの戸籍を作ります。

子供は父親の戸籍に入ったままですので、それを自分の戸籍にうつすのです。日常生活に支障はなくてもそのままは嫌だったので。


そのために、子供の姓と戸籍を変更する手続きを行います。

そしてそれは「子の氏の変更許可申立書」を家庭裁判所へ行き提出しなければならないのでその時の話になります。

必要なもの

必要なものは

  • 自分の新しい戸籍謄本
  • 夫と子供の戸籍謄本(*)
  • 印鑑
  • 収入印紙800円
  • 切手84円
  • これらです。申立書については裁判所でもらいました。収入印紙と切手は裁判所へ向かう道中にコンビニで購入しました。


    (*)について、私の場合は本籍が他県になっていたため「私が除籍されたあとの」謄本を他県から取り寄せないといけませんでした。 本籍が現住まいの方は「自分が除籍されたあと」に、子供の謄本を取得すれば、父親の戸籍も入っているはずです。


    持ってたら良かったもの

    それぐらい用意していきなよ~って感じですが、この時期頭まわらなかったです。

  • ボールペン
  • のり
  • 「並んでますか?」と聞く勇気 (←私の失敗談)
  • 以上ですが、私は二度手間を省くため、出発前に念のため家庭裁判所へ電話をして必要書類の確認を行いました。心配な方はしておくと安心できます。私がしたところは受付の方も凄く感じが良かったです。

    到着してから

    受付があるのかなと思っていましたが人はおらず、案内の貼り紙があるだけでした。普段を知りませんが、コロナの関係もあるのかな?と思いました。

    案内に従い進んでいくと「恐らくここっぽい」という部屋に辿り着きました。

    受付から終わりまで

    受付

    職員の方に声をかけ、届けを出したい旨を話すと「これに記入してくださいね」と申立書と記入の見本を渡されました。(ペンくれなかった...近くのお姉さんに借りました。)

    記入

    記入項目は主に

    • 氏名

    • 本籍

    • 住所

    などです。

    見本をくれたのでその通り書けば大丈夫です。間違えても大丈夫です。私は間違えて2枚目もらいましたので。

    印鑑と印紙

    印鑑を押し、収入印紙を貼り付けます。(のりもないので隅っこでぺろっとしました)

    あとは切手、各謄本を添えて窓口に渡し、確認してもらったら終了です。


    あっという間です!

    私の失敗談

    手続きの部屋に到着したとき、部屋のドアは開いていてドアの前に2名並んでいたので間隔を空けてその後ろへと並びました。前に人がいるのと間隔を開けているため、中の様子は見えませんでした。

    並ぶ

    が、これがなかなか進まない


    並んで15分ほど経った頃、私の前の方が少しイライラした様子で帰っていきました。「ラッキー」と思い一歩前へ。


    しかし進まない。。。10分ほど経過し「中はどうなってるんだろう」と、前の方に少し会釈しながら前進しつつ部屋の中を覗き込んでみました。


    受付ひとつ空いてる。。。


    振り返って一番前に並んでいた人の顔を見てみると、目を逸らす。(なんで!)と、そこに中で手続きをしていた人がその人に話しかける。

    た だ の 付 き 添 い の 人 だ っ た・・・


    部屋の前に立ってたら日本人の習性で並んでしまうじゃない・・・。しかも後ろに並んでるんだから声かけてくれたら良いのに・・・と思いつつも、そのまま中へ入りました。

    この時間がなければ間違いなくもっと早く終わってました(汗)「並んでますか?」って聞けば良かった。。

    実際に行ってみて

    心細いので母に付き添ってもらいましたが(到着後は車で待機)、手続きをした部屋の中はこじんまりとしていて、小さい市役所みたいな感じでした。職員の方も(ペンはくれなかったけど)感じが悪いとかもなく、親切に書き方や確認を行ってくれました。


    私の場合少々無駄な時間はあったものの、手続き自体はすぐに終わりましたし、必要書類が揃った状態で混雑もなければすぐに終わると思います。それこそ15分~20分程度かなと。

    その後1週間ほどで(もう少し早かったかも?)、氏の変更許可の審判書の謄本が届きました。それを持って今度は市役所へ行き、子供の入籍手続きとなります。


    地域によってはもちろん違うと思いますが、私の感想はこんな感じでした。これから必要になる方の参考になれば幸いです( ¨̮ )